猫が鳴く

怪物が居る

新聞を捨てる

内臓がかゆい

踊りだしたい

筋肉が伸び縮みする

米粒がきらきらしている

生きているか死んでいるかはどちらでも良い

 

 

 

 

 

日常の合間に垣間見える何か大きな違和感や異世界のようなものを頼りに、あらゆるものを内包する世界、時に虚像と実像が逆転するような世界を、ユーモラスな絵画空間にして描きたいと考えます。

 

 

 

 

 

 

a cat goes meow. (i dont have any cat / i'm not a cat)

a monster is here. (u think its not true)

to through away the newspaper (ive not read it)

my inner parts itches.

im ready to dance. (shall we dance without

i feel my muscles are moving. 

i dont care about u r living/dying. (cuz i am goast,sometimes)

 

 

 

Copyright©2014-2020 Sachico Oyama All Right Reserved.